スラグ路盤材
スラグとは?
鉄筋丸棒の生産過程のうち製鋼工程(鉄スクラップを電気炉で溶解し、精錬・鋳造)で生成される副産物です。 取鍋内で溶鋼と分離し上部に生成される鋼滓(製鋼スラグ)から製造する。 そのスラグを路盤材として製造したものが「スラグ路盤材」です。
製鋼スラグは、高硬度で摩耗に強く、また水硬性があり大きな支持力を得られる為、路盤材として最適な製品です。
当社のスラグ路盤材は北海道認定リサイクル製品に認定されています。
用 途
路盤材(粒度調整していない為、下層で使用するのが望ましいです)
サイズ(粒径)
0-80mm程度
該当する基準
1. なし(ただし土壌環境基準に定める条件が満たされた製品を製造販売)
2. 鉄鋼スラグ協会の「鉄鋼スラグ製品の管理に関するガイドライン(2015年1月14日改正)」に 基づくマニュアルを整備し、同ガイドラインの遵守に取り組んでいます。