異形鉄筋の機械式定着
FRIP(フリップ)
FRIP定着工法とは?
柱・梁接合部において、従来は鉄筋の折り曲げ定着により行ってきたが、 鉄筋の高強度化や太径化に伴い、曲げ加工が困難、定着長さが長くなるなど、 配筋施工上の問題が生じ、その解決策として、鉄筋端部にプレートを取り付け機械的に 定着させる工法です。
FRIP(フリップ)定着工法は、グラウトが不要な機械式定着工法で当社工場にて 異形鉄筋端部に直接定着板を摩擦圧接にて接合するため、工事現場での施工が大幅に軽減されます。
特 徴
1.折り曲げ定着が不要なため、施工性向上。
2.現場での接合やグラウト注入が不要なため、スピード化・省力化が図れる。
3.接合コストが安く、定着板も機械加工が不要なため低コスト。
4.エネルギー効率が高く、消耗品などゴミが出ること無く、環境負荷の少ない工法。
加工仕様
種類: SD295A、SD345、SD390、SD490
呼び名: D13、D16、D19、D22、D25、D29、D32、D35、D38、D41
長さ: 1.0m〜12.0m(両端加工可能)
FRIP定着板寸法
呼び名 D13 D16 D19 D22 D25 D29 D32 D35 D38 D41
外径(mm) 32 40 50 55 60 75 80 85 95 100
厚み(mm) 11 13 16 18 20 24 26 28 31 33